エネルギーワーカーやってみた。

エネルギーワーカーになるまでの経緯と今とこれからを綴る。時々日記、まれに小話。

【随時更新中】用語集

浄化

エネルギーを扱うようになると、まず最初に出てくる言葉。 何を始めるにもまずは浄化!というくらい。 それゆえ、慣れてくると特に意味を考えずにスルーしてしまうのだけど、あまり一般的に使う言葉では…ないらしい… Googleで検索しても、スピリチュアル系の…

好転反応

エネルギー伝授やヒーリングを受けた後に、一時的に心身の不調が現れたり、もともと持っている持病の症状が悪化したりすること。 “一過性のものであることがほとんどですが、長引く場合はお医者さんに診てもらいましょう” とメニューに書いてあることが多い…

対面と遠隔

対面セッション 講師やセラピスト、カウンセラーなどと直接会って伝授やヒーリング、カウンセリングなどを受けること。 占いの館に出向いて占い師に占ってもらうのは、まさにこれ。 電話やSkype、LINEでのセッションは、カウンセリングのみ行う場合はこれに…

リアルタイムとコールイン

リアルタイム 文字通り、エネルギーを送る人(以下、送り手)が開始と終了時刻を指定して、その時間にエネルギーを送ること。 エネルギーを受け取る人(以下、受け取り手)はその時間に合わせて受け取る必要がある。 時間の希望は、受け取り手が申し込みの時…

伝授/アチューンメント

ヒーリングエネルギーを使えるようにするためのエネルギーの回路を開くこと。伝授者のことをファシリテーターと呼ぶこともある。世に出ている伝授は大別すると2種類あるが、どちらも伝授を受ければそのエネルギーを使える点は同じ。

用語集を作ってみた

この先頻繁に出てくる、耳慣れないとおぼしき用語を随時まとめています。 迷った時はこのカテゴリをチェック。