エネルギーワーカーやってみた。

エネルギーワーカーになるまでの経緯と今とこれからを綴る。時々日記、まれに小話。

石ヲタ誕生

父方の祖父母の家は、海のすぐ近くにあった。
小さい頃、砂浜で拾った淡い緑色のシーグラス*1
それが私の、石ヲタの原点。
今でもその名残で、透明から半透明の石に心惹かれることが多い。
そこから少し時間が経って、学校行事で訪れた港町にあった小さな雑貨屋さん*2で、
私は初めて“パワーストーン”なるものに出会う。
その時おこづかいで買ったタイガーアイ(たぶん)のタンブル*3は、
その後何度か引っ越しを重ねてもなくなることなく私の手元にある。

さらに時は流れ、社会に出て間もない頃、
私は人生最大の挫折を経験する。
あれからずいぶん長い時間が流れたけど、あれを超える挫折には(幸いにも)まだ出くわしていない。
外に出たくないよー人と会いたくないよー人生終わったーうだうだうだうだ
と引きこもっていた頃、インターネットで石屋さんのバナー広告を見つける。
今なら、写真を加工して実物よりもずっと美しく見せる方法があることも知っているから、
もう少し冷静に見られると思う。
だけど人間病んでいる時っていうのは、自分以外のものは必要以上にキラキラして見えるもので。
何かにすがるような氣持ちで、私はその広告をクリックした。


つづく

*1:割れたガラスが、歳月をかけて波や砂にあらわれ風化したもの。色は元々のガラスの色に依る。

*2:今年、んんん年ぶりにこの港町を再訪したら、同じ場所でまだ営業してた!!!

*3:原石に軽く磨きをかけてなめらかな形状にしたもの。大きさはいろいろ。穴が貫通しているものはビーズとして使える。